2018年作成の編み模様

編み模様 04

葉と実/玉編みと3粒の見立模様 (は と み / たまあみ と みつぶ (さんつぶ) の みたて もよう)

2018年12月に作成。

斜めに入れた玉編みが色々なものに見えて、見立てて描いた編み模様の一つ。かたいレース糸は、柔らかい毛糸で作る玉編みのようにポンポンにはならず、一時断念していましたが、糸の軌道をくっきり浮かび上がらせる様子を見て、編み進める方向に逆らわず、斜めに配置すれば、糸が自然なカーブを描くはず、という予測から出来上がりました。この予測は正しかったのか、未だに定かではありませんが、編み出された玉編みは葉のように見え、ビーズを実に見立てました。大き目の玉編みが密集し、隙間を埋めるようにビーズを配置しているので、とてもしっかりした編地ができました。
段変わり部分は不整合ですが、目立ちません。捻れの修正が難しいため、楕円底は不向き。

 

(円底) 模様編み / 不整合

 


00029 - 小さいイトノパース (円底)


00029
00029
00029
00029